高血圧治療薬が効かないときに行う多剤療法と注意箇所

血圧管理を行っていくことは健康管理をする上では重要なことであるということがよく認識されるようになってきました。生活習慣病についての理解が深まってきたからであり、その中でも死の四重奏と呼ばれる高血圧、肥満、脂質異常症、糖尿病は多くの人に恐れられるものとなっています。このうちで血圧と体重は比較的気軽に測定できるものであり、生活習慣に根ざした疾患の予防を行っていく上では指標として用いやすいものになっています。しかし、注意事項として留意しなければならないのは、コレステロールや中性脂肪の値が高いことや、血糖値が高いことは血圧や体重と独立に起こることもあるということです。互いに関連しあうことが多いのが死の四重奏と呼ばれる所以であるものの、必ずしも互いに関連しているとは限らないというのは注意事項として記憶しておくべきことでしょう。血圧管理をしていて高いということが判明してしまった場合には医療機関を受診して治療を受けることになります。治療においては食事や運動を基本とするところから開始し、続いて薬物療法を併用していきます。薬物療法を始めた際に薬が効かないということも珍しいことではありません。全く効かないということはあまりありませんが、人によって効きが悪いということはよくあることなのです。そういった際には多剤併用が行われていくことになります。そういった際の注意事項として服薬指導が入念に行われるのがそれぞれの薬をのむタイミングです。必ずしも同じタイミングですべての薬をのむわけではなく、朝だけ飲むのもあれば一日に三回飲むものもある場合があります。これを間違えると効かないという状況になったり、血圧が下がり過ぎたりする危険があるので注意が必要なのです。