高血圧治療時におけるロキソニン併用の注意点

血圧にかかわる疾患としてよく知られているのが高血圧であり、生活習慣病とされたことによって多くの人がその重大さを知ることになりました。高血圧を放置してしまうと重篤な合併症を伴いやすく、命の危険すら伴うということが理解されるようになっています。そういった理解が深まってきたことにより、人間ドックなどで定期的に血圧を測って、高い場合には医師の診断を受けて治療を行っていくということが増えてきています。高血圧治療では降圧剤を使用することによって血圧を正常な値まで下げるということが一般的に行われています。その制御を行うために患者は薬を飲み続ける必要があり、飲み続けても副作用の少ない安全性の高い薬剤が選択されていくのが一般的です。一方、薬を飲み続けなければならないと気にかかるのが他の薬の併用です。薬物間相互作用という現象はよく知られており、飲み合わせによっては効果の増強や減弱が見られることがあります。組み合わせによっては併用が禁忌とされているものもあり、市販薬であっても併用には注意が常に必要です。ロキソニンは消炎鎮痛剤として広く用いられているものであり、生理痛対策などのために常用している人も少なくありません。ロキソニンは降圧剤との使用は禁忌とはなっていませんが、医師と相談して使用を考えた方が良い薬剤の一つです。ロキソニンが引き起こす副作用の一つとして低血圧が知られているからであり、併用によって降圧効果が高まってしまうリスクがあるからです。降圧剤とロキソニンとでは血圧を下げるメカニズムが異なるため、互いに増強しあってしまう可能性があるのは事実であり、使用に際しては十分な注意が必要であるという認識を持つことが大切です。